アコムで在籍確認の目的は返済能力を確認するため

アコムで在籍確認の目的は返済能力を確認するため

 

アコム審査では勤務先への在籍確認が行われます。

 

審査でも後半で行われるとても重要な審査ですが、この審査は基本的に回避する事はできない審査になっています。

 

なぜ勤務先への在籍確認を行うのか、それは次の理由があるからです。

 

○ 返済能力を確認するため

他社カードローンも同じですが、アコムカードローンでは担保・保証人なしで契約できます。

 

しかし、顧客が返済できなくなった場合、担保からの回収や保証人に返済してもらうことができません。

 

貸し倒れになるとアコムの損失となるため、アコム審査では顧客の返済能力を重視しています。

 

返済能力の高い顧客ほど、貸し倒れのリスクは低くなるのが基本です。

 

返済能力は顧客が得ている収入である程度判断できます。

 

収入を得ているかどうか、確認しやすいのが勤務先への在籍確認です。

 

>○ 在籍確認では何が行われるのか

勤務先への在籍確認では、アコム担当者の個人名で電話をかけてきます。

 

消費者金融を名乗って電話をかけてくると誤解して不安に感じている方もいらっしゃいますが、決して「アコムですが」と連絡してくることはありません。

 

勤務先の人が電話に出たときは、アコム担当者が「○○さんをお願いします」などと伝えます。

 

勤務先の人から本人へと電話が取り次がれたときは、アコム担当者からの簡単な質問に答えるだけで在籍確認は完了です。

 

不在などで電話の取り次ぎができないときは、勤務先の人が「現在外出しております」などと答えれば、在籍確認は完了します。

 

○ まとめ

勤務先への電話で在籍確認が取れれば、本当に収入を得ていると分かります。

 

ただし、在籍確認が取れないときは収入を得ているかどうか分かりにくいため、アコム審査が不利になりかねません。

 

私用の電話を取り次がないなどで、在籍確認が難しいときはアコム申込時に相談すると良いでしょう。

 
トップへ戻る